ニュースリアル速報

国内外の出来事をリアルタイムで届けるブログです。最新ニュースの速報から、その背景にある深い分析まで、読者にとって重要な情報をわかりやすく提供します。ニュースの真実とその意味を、日々の生活に直結する形でお届けします。

    ペット


    韓国で石をペットとして飼う人々が増加中!その魅力とは?


    ペット (伴侶動物からのリダイレクト)
    人々の動物に対する接し方が、より細やかで密接になる傾向を反映して「ペット」という概念(モノや所有物のようにみなす概念)に替わって伴侶動物(はんりょどうぶつ)やコンパニオンアニマル(英語: companion animal、人生の伴侶としての動物)という概念も普及してきている。 太古のペットは、野生動物を捕獲したものである。人間が…
    51キロバイト (6,988 語) - 2024年1月17日 (水) 17:14


    石をペットとして飼うという発想は斬新ですね。犬猫以外にも愛される存在が増えるのは素晴らしいことだと思います。


    2024年3月19日、韓国・聯合ニュースは「最近、韓国で小石をペットのように飼う『伴侶石』が流行していると米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた」と伝えた。

    WSJは17日、「過労の韓国人は『ペット・ロック』と共に休息を取っている」とのタイトルで記事を掲載。「伴侶動物」ならぬ「伴侶石」の流行について、「かつて韓国で流行した『仮想葬式体験』や『ぼーっとする大会』のように、忙しい韓国人が休息を取るために見出した新たな『特異な』方法だ」「産業化国家の中で最も長い労働時間を堪えている韓国人は、変わらない静けさを求めて石を飼っている」などと紹介した。

    韓国で伴侶石人気が高まったのは21年ごろからだが、当時、SEVENTEENやTOMORROW X TOGETHERといった人気アイドルグループのメンバーが、自分の飼っている石を公開したことでより注目を浴びるようになったと、WSJは指摘している。伴侶石の販売を手掛けるある企業では、1カ月に150~200個の注文が入るという。造園用の石材を販売していた業者も最近、小さな伴侶石用の石の扱いを始めたと紹介されている。

    米国のペット・ロックは1970年代後半に流行したもので、ある広告会社が小さな石を箱に入れプレゼントのように販売したのが始まりだという。当時はプレゼントとして受け取った人を驚かす一種のいたずらグッズとして人気となったが、流行は短命に終わったという。約半世紀を経て韓国での伴侶石の流行は、癒やしの手段となっている。

    高麗大学韓国学研究所のキム・ジングク教授は、WSJの取材に「東アジア社会では数世紀にわたり石を鑑賞する『水石』が愛されてきた。石は変わらない、それが人々に安定感を与える」と説明している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「動物や植物を育てるのは分かるけど、石?(笑)」「いろいろな人がいるもんだな…」「ストレス解消になるのはいいけど、ちょっと変だなとは思う」「病気でしょ」「生き物を飼うのはお金がかかるけど、石ころならお金はいらない」「予防接種を受けさせたり、えさをあげたりしなくていいからね」「犬や猫を飼って捨てるよりずっといいと思う」などの声が寄せられている。

    また、「水石をペット・ロックと言い換えただけでしょ」『飼う』と表現するからおかしく感じる」「水石なら米国のペット・ロックブームよりずっと前からある」など、「要は水石だ」と指摘するコメントも多数見られた。(翻訳・編集/麻江)

    19日、韓国・聯合ニュースは「最近、韓国で小石をペットのように飼う『伴侶石』が流行していると米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた」と伝えた。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【韓国で石をペットとして飼う人々が増加中!その魅力とは?】の続きを読む


    ペット同伴旅行者に好評のスターフライヤー、その政策に賛成する声も


    堀高明が兵庫県神戸市に神戸航空株式会社として設立。ちなみにこの日は、ライト兄弟の「ライフライヤー号」初飛行からちょうど99年目である。神戸空港への就航を視野に入れていたとみられる。 2003年(平成15年) 5月 : 移転後の北九州空港にターゲットを代え、商号を株式会社スターフライヤーに変更、本社を福岡県北九州市小倉北区に移転。…
    84キロバイト (11,105 語) - 2024年1月20日 (土) 06:47


    「ペット同伴サービスは便利だけど、アレルギーや恐怖を感じる人もいるから難しい問題だよね。どうやって調整するのか、航空会社の対応に注目したい」

     2024年1月2日、羽田空港で日本航空516便と海上保安庁の航空機が衝突する事故が発生。1月19日には国土交通省で事故に対する委員会が初開催されるなど、事件に関する調査が進められています。

    【その他の画像】

     そんな中、SNS等で話題に上ったのがペットへの対応です。今回の事故では日本航空の貨物室にいたペット2匹が犠牲となりました。

     ネット上では人命を最優先とする姿勢は理解しつつも、生き物が“モノ扱い”されている点に割り切れない感情を抱える人が見受けられました。さらに芸能人などもテレビ番組やSNSアカウントで自身の意見をコメントしています。

     動物愛護家として知られる坂上忍さんは「動物を貨物扱いするのは僕もそりゃ好きじゃないです」としつつ、「同等扱いしてくれるに越したことはないけど。そもそも人命第一なわけでしょ」「航空会社をどうのこうのとは僕は思わない」と意見を述べています。

     その折に注目されたのが、スターフライヤーのペット同伴サービス「FLY WITH PET!」です。

     こちらは追加料金を支払うことで指定のケージに入る小型の犬か猫1匹を客室に持ち込めるサービスです。機内では基本最後列の窓側に飼い主とペットが隣り合って搭乗、飛行中もペットの様子を確認できます。2022年に一部路線で導入され、2024年1月15日からは国内線全路線での利用が可能となりました。

     ただし「ペットの健康状態が良好であること」「鳴き声など他のお客様のご迷惑にならないよう、充分にトレーニングされていること」などが条件に含まれる他、緊急時にはペットを機内に置いて行く旨が明記されています。

     それでも大切なペットと一緒に旅客機を利用できるため、年明け前には「沖縄とか一緒に行きたいなー」「利用したい」といった肯定的な反応が多数寄せられていました。

     容易に結論は出せないペットの旅客機利用。ねとらぼではスターフライヤーに事故後の変化について話を伺ってみました。

    ●利用について「大きな増減はない」が「問い合わせや意見はいただいた」

     スターフライヤーによれば、正月の事故以降も「特に利用者が増えたり減ったりといった大きな変化は無い」そうです。一方「事故後にサービスに関する問い合わせや意見はいただいた」とのこと。事故後のサービスにおける注目度が伺えます。

     サービスの利用件数を聞くと、1日1件程度のペースで利用者があるようです。実際に利用した人からは「ペットを伴った移動が新幹線や車に限定されており、大変だったため助かった」「貨物室に入れられることにより、不安があったが一緒に乗れることで安心できる」といった感想をもらっているそうです。

     また、他の利用者にも気持ちよく利用してもらうため、スターフライヤーではいくつかの対策を行っています。

     まず予約サイト上で「ペットがいるかもしれないこと」を記載しています。さらに当日フライト前にも確認を行い、必要に応じて座席の変更を行います。また、どうしても該当機の利用が難しい場合、無料で別便に変更するなどの対応も行っています。

     さらに医者、獣医師ら指導の上でアレルギー対策を徹底しています。そのため、導入以来特に大きなトラブルは発生していないそうです。また、ペット同伴サービスの利用者は客室最後部に配置されるため、機内にペットがいるのに気づかない利用者も多いそうです。

    ●「議論が深まることを期待」しつつ「弊社だけでの判断はできない」

     今回のペットに関する議論については、スターフライヤーも認識しており「ペットと共生することについて、議論が深まることを期待している」と考えています。一方で「監督官庁の指示もあるため、弊社だけでの判断はできない」「現在は現行のルールの中で、最大限サービスを実施している」との回答をいただいています。

     価値観が多様化している現代において、ペットはこれまで以上にかけがえのない存在になっています。それだけに、引っ越しや治療といったさまざまな事情からペットを遠隔地に連れて行きたいケースも増えていくでしょう。

     ただし「緊急時に人命を何より尊重する」という原則の中に“ペットの命”を追加する場合、さまざまな要件を含めた議論を避けては通れません。

    スターフライヤーはペット同伴サービスを実施


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ペット同伴旅行者に好評のスターフライヤー、その政策に賛成する声も】の続きを読む

    このページのトップヘ