ニュースリアル速報

国内外の出来事をリアルタイムで届けるブログです。最新ニュースの速報から、その背景にある深い分析まで、読者にとって重要な情報をわかりやすく提供します。ニュースの真実とその意味を、日々の生活に直結する形でお届けします。

    浜田雅功


    [衝撃] 週刊文春がタブーを破り、松本人志を実名告発!誹謗中傷は法的措置へ


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。兵庫県尼崎市出身。吉本興業東京本部所属。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。2024年1月より芸能活動を休止(詳細は後述)。…
    100キロバイト (13,570 語) - 2024年1月27日 (土) 04:28


    「週刊文春」が松本人志の実名を告発した件について、これはどこまでマスコミの役割なのでしょうか。公人としての責任やプライバシーの保護も考慮されるべきだと思います。

    「週刊文春」に、“実名”でダウンタウン・松本人志(60歳)について告発した元タレント・大塚里香さんが1月26日、自身のTwitter(X)を更新。悪質な誹謗中傷を受けていることを明かし、「法的措置を講じる」とつづっている。


    大塚さんは、一連の松本を巡る報道の最新記事となる、25日発売の「週刊文春」で、実名で被害を告発した。

    実名というインパクトもあり、この告発は再び大きな議論を巻き起こしているが、大塚さんは自身のTwitter(X)で「『週刊文春』の告発に対して、温かい応援のお声を頂きありがとうございます」とつづる一方、「悪質な誹謗中傷も見受けられます」とコメント。

    そうした悪質な誹謗中傷に対しては「弁護士と協議の上、刑事民事を含めた法的措置を講じてまいります」とつづっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【[衝撃] 週刊文春がタブーを破り、松本人志を実名告発!誹謗中傷は法的措置へ】の続きを読む


    [悲報] 松本人志の飲み会でのドケチぶりに驚愕!読者がドン引きする理由とは?


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。兵庫県尼崎市出身。吉本興業東京本部所属。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。2024年1月より芸能活動を休止(詳細は後述)。…
    100キロバイト (13,570 語) - 2024年1月27日 (土) 04:28


    「松本人志のドケチぶりには驚きました。年収数億の彼が、飲み会で駄菓子を出すなんて、本当に信じられません。彼の悲壮感漂う行動に、読者としてはがっかりです。」

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(60)と超一流ホテルのスイートルームで行われた飲み会に同席したという女性の証言が、『週刊文春』以外でも報じられている。室内で撮影されたという松本と女性の写真も公開されたが、ネット上ではテーブルの上に置かれていた食べ物に注目が集まっているようだ。

    1月25日配信の『FRIDAYデジタル』によると、2018年10月に大阪で開催されたアテンド飲み会に同席した女性から情報提供がなされたという。お笑いコンビ・クロスバー直撃の渡邊センス(39)から誘われた飲み会で、友人と一緒に指定されたホテルに向かうと、部屋には松本人志たむらけんじ(50)がいたそうだ。

    なお現在、アメリカに滞在中のたむらは日本時間1月10日、インスタライブ(現地ラジオ番組『たむけんがLAにいるよ~!』の公開収録)で、『週刊文春』(1月10日発売号)に報じられた飲み会の開催自体は認めたものの、性接待を目的とした会ではないと否定。通常の合コンや女性が一緒にいる飲み会的な感覚だったと説明している

    『FRIDAYデジタル』には、松本に馬乗りになっている女性の写真が掲載されたが、読者が注目したのは2人の姿だけではなかったようだ。部屋のテーブルの上には、スナック菓子や円形の6Pチーズ、皿に盛られた乾きものがあり、ネット上では「どう見てもホテルのルームオーダーの品じゃないよね。あれだけ稼いでいるのにどうしてこんなにケチなんだろう。悲壮感漂うレベル」、「馬ノリよりも、年収数億の人が飲み会で駄菓子(おそらく総額千円ぐらい)出してるのが衝撃的すぎるんですが。本当にドケチなんだな…」、「ルームサービスでもデパ地下でもなく、コンビニで購入したと思われるツマミや飲み物。しかも下品な行為に、タクシー代金3000円…」、「松本人志に品行方正を求めてない。でも、ケチくさい遊びをしてたなら、残念に思う」といった声が見受けられた。

    ビートたけし(77)は1月21日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、松本らとの飲み会でたむらが、終電がなくなった女性に「これぐらいあれば帰れるよね」とタクシー代を渡したという『週刊文春』の記事について、「せこいよ、三千円とか二千円とか…」と呆れていた(なお、たむらは現金を渡したのは自分ではなく、一緒に参加していた放送作家だと証言している)。たけしは素人の女性を呼んで酒を飲んだ後のタクシー代なら、もう少し弾むべきだと思ったようだ。
    (TechinsightJapan編集部 みやび)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【[悲報] 松本人志の飲み会でのドケチぶりに驚愕!読者がドン引きする理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ