ニュースリアル速報

国内外の出来事をリアルタイムで届けるブログです。最新ニュースの速報から、その背景にある深い分析まで、読者にとって重要な情報をわかりやすく提供します。ニュースの真実とその意味を、日々の生活に直結する形でお届けします。

    青切符


    「逆走ママチャリ動画が大炎上!SNSで話題のマナー悪い人たち」


    警察庁交通局 運転免許に関する欠格条項問題 運転免許試験場 自動車の運転により人を死傷させる行為等処罰に関する法律(自動車運転処罰法) 交通安全 - 交通安全協会 交通違反一覧 日本運転免許 - 運転免許証 - ゴールド免許 交通事故総合分析センター ウィキソースに道路交通原文があります。…
    21キロバイト (3,048 語) - 2024年3月23日 (土) 07:39


    マナーの悪い人が増えていると言われて久しいですが、このような逆走行為は本当に許容できません。自転車だからといってルールを守らないのはかなり危険ですね。

    代替テキスト

    今国会に提出された道路交通法改正案では、自転車の交通違反について5000円から1万2000円程度の「反則金」を課す「青切符」による取り締まりの導入が検討されている。青切符の適用となるのは16歳以上の利用者で、信号無視、一時不停止、右側通行など112の違反行為が取り締まられるという。背景にあるのは、自転車の交通違反による事故増加だ。

    そんななかXではチャイルドシートを付けた自転車に乗る女性が車の運転手と口論になっている動画が拡散されている。動画はドライブレコーダーに収められたもので、車両が青信号の十字路に差し掛かった際に、左側の道から自転車が右折。互いに正面で停止する形となりトラブルとなっているようだった。

    実際に交通違反があったかはわからないものの、動画内で自転車が道路の右側を”逆走”しているように見えることや、赤信号を無視して右折しようとした点、車両に対し逆ギレしているように見えることなどから女性への非難が集中。当初この動画をアップしたユーザーの投稿は削除されたにもかかわらず、各所で転載され4月16日にはX上で「#ママチャリの人」がトレンド入り。議論を巻き起こす大炎上状態となっている。

    X上でこの動画について言及している投稿の多くが、巷の自転車マナーの悪さを嘆くものだった。これほどの炎上となった背景には、自転車のルール違反が横行していることがあるだろう。

    《あの動画見て、自転車の右側通行が逆走って多くの人に知って欲しいなー 自転車マナー悪い人、多すぎるねん…》
    《ママチャリも含め自転車はマナーの悪い人がほんと多い。逆走,信号無視,猛スピードで横断歩道突っ込んでくる。軽車両は横断歩道じゃないでしょ?なのに歩道ではドケ!と言わんばかりにベル鳴らす。大っ嫌い!》
    《今話題のママチャリ主婦の方、顔や名前さらすのはどうなのと思うけど、自転車の運転マナー見直しブームにならんかな 本当に本当にひどい人はひどい 一時停止無視で車道につっこんでくる、後方確認無しで斜め横断、イヤホン、傘さしなどなど… あと車がバックしてる時後ろをすり抜けるのも絶対ダメ!!》

    ルール違反で特に指摘されるのは、車道での「逆走」だ。自転車が車道を走る場合は道路の左側に寄って通行しなければならない。道路の右側を通行すると、逆走状態となる。

    東京都が公開している「自転車安全利用推進事業者用動画教材」の動画では、逆走の危険性として、道路の左端を通行している自転車が前方から逆走してくる自転車を避けようと道路中央に進路を変えると、後続の車両と接触する可能性があると指摘している。また、駐停車車両を避ける逆走車は、道路を走る車両にとって突然飛び出てくる形になるため正面衝突するリスクも上がるという。X上でも自転車の逆走に多くの悲鳴があがっていた。

    《ホントに逆走自転車は運転してて怖い 特に電動アシスト付きのママチャリはスピード出して 逆走してくる》
    《逆走ほんと多い こっちも自転車なんだけどね こっち左折あっち右折でぶつかりそうになるこもほんと多い 「自転車は左だろ!!」と何回叫んだことか》
    《車からしても、左折しようとしたら左から自転車が突っ込んでこられても対応できないこともある。迷惑以前に自分の身を守るためにも逆走しない方がいいですよね》

    また信号無視や一時停止違反についても、ヒヤッとした思いをした人が多いようだ。車道を走る自転車は車両用の信号機に従う必要があり、一時停止の標識にも従わなければいけない。

    警察庁によると、一昨年自転車が関係した死亡・重傷事故のうち、7割以上で自転車側に違反行為があったという。自分だけでなく他人の命を守るためにも、ルールを守って自転車に乗ろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「逆走ママチャリ動画が大炎上!SNSで話題のマナー悪い人たち」】の続きを読む


    ルール無視のバカ自転車を撲滅するための新たな取り組みとは?


    ルール無視のバカ自転車を撲滅するためには、厳しい罰則を設ける必要があると思います。例えば、交通違反を犯した場合は免許取り消しや高額な罰金を科すなど、厳しく取り締まることが必要です。

    交通ルールを守らない自転車を撲滅するにはどうすればいいか。自転車評論家でジャーナリストの疋田智さんは「免許制を導入すればいいという人がいるが、原付免許より簡単な免許をつくっても税金の無駄だろう。それよりも、『自転車は車両である』と子どもから大人まで教育する場を設けるべきだ」という――。

    ■「自転車免許」導入を望み続ける人たち

    街中でペダルを回さずに爆走する「電ジャラス自転車」(※)の蔓延(まんえん)と、「青切符」の導入を盛り込んだ道路交通法改正あたりから、またぞろこんな話を聞くようになった。

    ※ナンバープレートを付けていない違法なモペッドや、最近合法化された「特定小型原動機付自転車」の歩道走行などを指す。詳しくは過去記事を参照。

    「自転車が危険だ」「邪魔だ」「ルールを守らない」……「だから、自転車にも免許を!」

    これはもう、ピストブーム(2007年前後)あたりから、何度も出ては消え、出ては消え、してきた話で、自転車のことをちょっと囓(かじ)った人なら、だれもが一度は考える話だ。一度は、ね。

    私なども地方講演などに行ったりするたびに聞く。「免許こそすべての解決策」とばかりに、強硬に主張する地元県議さんなどがいらっしゃったりする。

    彼らは「自転車は車道を走るべき」ということは、さすがにすでにご存じで(自転車は歩道じゃなかったっけ? などという論外な人々とは一線を画している)、その上で「同じ車道を走るならば、一般車両と同じく、免許が必要だろう」ということを、主張なさっている。

    ■8184万人は「免許」をすでに持っている

    なるほどと思う。一瞬だけ。

    で、想像してみるわけだ。

    「免許? 自転車免許ってどんなのになるのかな。……というか持っているよ」とね。

    筆者だけじゃない。多くの人は自転車免許をすでに持っている。なぜなら普通自動車免許で原付(原動機付自転車)を運転できるから。

    あれ?

    そうなのだ。自転車に乗って無法行為をする人々だって半数以上は、じつはクルマの免許を持っている。

    なにせ、2022年末時点で運転免許を持っている人は8184万人もおり、16歳以上の人口の74.8%を占めているのだから。

    ■自転車を免許制にしている国はない

    クルマ免許を持っていても、自転車に乗るときだけは右側通行上等、信号無視OK、の無法者になる。

    それが日本の自転車状況のリアルであり本質なのだ。……ということは免許で変わるだろうか? いや、普通に考えて変わらんだろう。

    それに、ちょっと考えてみよう。自転車に乗るのに免許を必要とする国など、世界のどこにもない、という事実を、だ。

    なぜないのだろう? そこには理由があるのである。

    まずは、そもそもの免許、つまり「国家が○○することを免じて、許す」という意味をまずは考えなくてはなるまい。

    クルマの免許というのは、国が「移動手段の自由」を制限することの裏返しだ。ではなぜ制限するのか。それはクルマというものはそのまま走らせるには危なすぎるから。

    クルマは危険だから、基本的に公道を走ってはならないものである、と、これが基本だ。

    ■「免じて許す」の意味を考えよ

    だが、そうして「全部、ダメ」とするには、クルマは、あまりに便利で、あまりに社会の利益に資する点が多すぎる。

    であるからして、クルマを安全に運転するだけの技量を有し、運転するに際してのルール厳守を誓った者だけに、一般公道をクルマで通行することを“免じて”“許す”。

    これが免許だ。

    あえて刺激的な言い方をするなら、クルマというものは、免許が必要なほどに、危険で未完成なものなのである。

    だから「こちとら免許があるんだ、ドケドケ自転車」みたいな考えは根本から間違っている。免許があるからエラい、のではなく、免許が必要なほどにエラくない。

    「車道を走る以上、免許が必要だ」ではない。「人にぶつけたら殺人、建物にぶつかったら大破壊、他者に対しての危険が著しく大きい車両だから、免許が必要だ」が正解なのだ。自転車はどうかな?

    ……とまあ、話はこれで終わっているくらいなのだけど、そこはそれ、頭の体操として考えてみよう。

    自転車に免許? それはいったいどんな免許になるのだろう。

    ■「バカでもとれる免許」をつくっても無駄

    では、免許制にしたとする。

    試験はどうしよう。実技は? 筆記は? 参考にすべきはもちろん原動機が付いているほうの自転車だ。

    50cc以下のオートバイ、いわゆる原付バイクについては、免許がある。基本的な交通法規のみ、ペーパーテストオンリー。実技なし。誰から見たって「日本一簡単な免許」である。だから何も勉強しないで受ける人が多いのだが、それでも合格率は約6割になる。

    もしも自転車免許というものを作ったとするなら、その免許はどう考えても、このククリより簡単なものではなくてはならない。

    なぜなら、自転車によって惹起(じゃっき)されるであろう事故は、原付よりも軽いからだ。

    事故時の衝突エネルギーは「質量×スピードの二乗」で計算される。自転車は原付の数分の一の車重しかなく、原付よりもはるかにスピードが出ないのはご存じの通りだ。

    となると、自転車通行を「免じて」「許す」ハードルは原付よりも低いものでなくてはならない。大型トラックと一般乗用車の免許が違うのと同じだ。

    ということは、どうなる。日本一簡単な、いわばバカでも通る試験よりも、さらに簡単な試験を課さねばならないだろう。そんな免許はないのと同じだ。ないのと同じ試験を課すのは、ただの無駄だろう。

    ところが、そうした“無駄な”免許であっても、制度を作り、試験を課し、それを国家のシステムとするには、そこにもまた役所(ナントカ法人)が必要になり、役人が必要になり、つまりはそこに税金が投じられるわけだ。

    この余裕のない現代ニッポンで、そんな無駄をやってどうする。

    ■免許ではない「いまやるべきこと」

    「免許」というより前に、やるべきことの一番手は、何といっても「教育」だろう。

    そもそもこの国では、自転車に関する教育がなさすぎる。教育が「なってない」のではなく、教育が「存在しない」のだ。

    左側通行の原則も守らず、車道か歩道かもなく、どうしたときに事故が起きるかも知らず、その結果の悲惨さも知らない。

    そこに電ジャラス自転車ブームなどが起きれば、車道の自転車がデタラメになるのは当たり前の話なのだ。

    ■「自転車は歩行者とは違う」と叩きこむ

    まずは教育。

    何よりまず「自転車は歩行者とは違う」「自転車は車両である」という教育こそが先決だ。自転車は歩行者の仲間と思っているからクルマの免許を持っていても「自転車はいいだろう」という甘えが出てくるわけで。

    教育の場がない、場がないというが、場を作ろうとしないから、ないだけだ。学校で、自動車の教習所で、免許の書き換え時、住民登録の際、やれる場はいくらでも作れる。

    その際に「自転車はこうあるべし」と教える。こんなに国民教育の平均値が高い国で、なぜそれができない。やろうとしないからだ。

    免許というものは、教育がまずありきで、それでも無理なとき、はじめて議論すべき制度だろう。それをせずして免許というのは、もうこれは仕事を増やし、天下り先を増やそうとする(?)どこかの不埒(ふらち)な役人のワルダクミとしか思えない。

    先述したように、そもそも海外に「自転車免許がある国」がどこにあるか。どこにもないのだ。なぜこの日本でだけ自転車免許が必要なのか。その理由をもっとよく考えていただきたいものだ。

    ----------

    疋田 智(ひきた・さとし)
    自転車評論家
    1966年生まれ。東京大学工学系大学院(都市工学)修了、博士(Ph.D.環境情報学)。学習院大学、東京都市大学、東京サイクルデザイン専門学校等非常勤講師。毎日12kmの通勤に自転車を使う「自転車ツーキニスト」として、環境、健康に良く、経済的な自転車を社会に真に活かす施策を論じる。NPO法人自転車活用推進研究会理事。著書に『ものぐさ自転車の悦楽』(マガジンハウス)、『自転車の安全鉄則』(朝日新聞出版)など多数。

    ----------

    車道を逆走する自転車 - 筆者撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルール無視のバカ自転車を撲滅するための新たな取り組みとは?】の続きを読む


    青キップ導入で「悠然と逆走するママチャリ」をなくす!危険自転車撲滅の取り組み


    青切符(あおきっぷ) かつて日本の日本国有鉄道(国鉄)が用いていた二等車の乗車券のこと。詳細は等級 (鉄道車両)#等級制時代の運賃・料金を参照。 日本において軽微な交通違反であり交通反則通告制度の適用対象となる反則行為に使用される交通違反切符のこと。詳細は交通反則通告制度を参照。…
    490バイト (146 語) - 2022年10月29日 (土) 09:15


    青キップ導入は素晴らしい取り組みだと思います。警察の取り締まりが厳格になれば、逆走するママチャリの事故も減ると思います。

    自転車の交通違反に反則金を課す「青切符」の導入を盛り込んだ道路交通法の改正案が、3月5日に閣議決定された。信号無視やスマホを使用しながらの運転、歩道走行などが取り締まりの対象になる。自転車評論家でジャーナリストの疋田智さんは「青切符の導入自体には大賛成だが、検挙にはメリハリをつけたほうがいい。現在多くの自転車が歩道を走っているのは、1970年の道交法改正の結果だ」という――。

    ■日本の自転車の無法ぶりはヒドすぎる

    自転車にクルマと同じ青切符(=行政処分)を導入することの是非については以前からずーっと議論されていた。

    私としては大賛成。

    正直申しあげて、もう違法自転車の傍若無人ぶりにはうんざりなのである。

    私は約半世紀ものあいだ、ずーっと「自転車派」であリ続けた。もちろん今でも自転車派だ。自転車のことも、道交法のこともまったく理解していないような連中(弁護士にもいたりする)が「車道から自転車を一掃しよう」などとタワケた議論を投げつけてくる場合であっても、道交法の理念を説き、世界での扱いを解説し、自転車の利点と美点を言い、自転車の権利を守ろうとし続けてきた。

    しかし、それとこれとは話が別だ。日本の自転車の無法ぶり、傍若無人ぶりはヒドすぎる。

    なぜ、ヘルメットをかぶり、誰もいない交差点でも赤信号でストップする品行方正運転のこの私が、「電ジャラス自転車」(※)のヤカラや、ドケドケ運転の逆走ママチャリの擁護をせねばならないのか。

    ※ナンバープレートを付けていない違法なモペッドや、最近合法化された「特定小型原動機付自転車」の歩道走行などを指す。詳しくは過去記事を参照。

    すぐにでも一掃されてほしいというのが私の思いだった。

    それなのに、私はなぜかあの連中のタテのような形になってきた。少なくともそう見られてきた。

    ■長年、警察が取り締まらなかった理由

    実際、私などの自転車系ジャーナリストらはずーっと言い続けてきたのだ。自転車は右側通行をするな、信号、一時停止を守れ、とね。

    しかし、警察が取り締まってくれなかった。こんなに迷惑で危険なのに放ったらかし。放置の理由のひとつに「自転車の青切符」がなかったことがある。

    これまでの自転車取り締まりには行政処分(=青切符)がなかった。自転車の処分は常に刑事処分(=赤切符)で、つまり、処分なしか、重い処分(前科一犯)しか選択肢がなかったわけだ。だから警察は取り締まりを躊躇した。「傘差し運転で前科一犯」なんて、憲法に定められた「法の下の平等」にすら反する。クルマが反則金(行政処分)ですませられるのに、自転車は罰金(刑事処分)なんだから。だいたい警察が検挙したところで検察は起訴しない。

    しかし、そのような状況を尻目に、実際に自転車事故は増えてきた。事故内容を見てみると、死亡や重傷事故になった7107件のうち73.2%で、自転車側に(も)信号無視、一時不停止といった交通違反が確認されている。自転車側の無法ぶりは明らかだった。

    ■玉石混交の「取り締まり112例」

    これ以上の自転車野放しはイカン。ということで青切符導入。反則金は5000円~1万2000円というところだそうだ。今回の道交法改正案が成立すれば、公布から2年以内に施行される。

    必然だと思う。私は大賛成だ。

    ただし今回の閣議決定、やはり現場が分かってないというのか、現場の意見をいかしていないというか、要するに「机上の空論」感が否めない。一言でいうならメリハリがきいてない。

    たとえば青切符を切る具体例というのがあるのだが、それが合計112例も挙げられている。その内容をつらつら見るに、私は「あー、やっぱり」と思った。具体策と理念がゴッチャになっているのだ。

    これ、どういうことか解説していこう。

    ■危険な右側通行は今すぐ摘発してほしい

    まずはここからだ。

    ◎右側通行などの通行区分違反
    ◎信号無視
    ◎一時不停止

    と、こういうのはいいのだ。青切符でも赤切符でもいいから、すぐにでも摘発してほしいと前々から思っていた。

    特に右側通行(逆走)は明らかに自転車事故の元凶で、こんなのが野放しになっていたほうがおかしかったと思う。

    なぜ右側通行が危険なのか。それは出合い頭事故の元凶になるからだ。そして、その出合い頭事故こそが、自転車対自動車事故のの54%を占めているのである(※)

    ※警察庁「自転車対自動車事故における事故類型別自転車の死者・重傷者数(平成29年)」より

    右側通行って「ついついやっちゃう」じゃすまない、絶対にやっちゃならないのである。

    だいたい自転車以外の車両は、100%逆走なんてしない。なぜ自転車だけが許されると思っているのか、このあたりを青切符で知らしめていただきたい。

    ■スマホ見ながら運転なんてもってのほか

    また時代を反映してか、こんなのもある。

    ◎携帯電話を使用しながら運転すること
    ◎自転車の通行が禁止されている場所を通ること
    ◎遮断機が下りている踏切に立ち入ること

    このあたりも「いいね!」だ。特に「スマホ見ながら」運転なんてのはもってのほかで、喫緊の事故対策でもあると思う。

    残りのふたつは「首都高紛れ込み」と「開かずの踏切行っちまえ」みたいなものを指している。

    いずれも事故のもとだが、日々のニュースを見てれば分かる。外国人と高齢者が多い。いずれも「交通ルールを今ひとつ理解していない」人たちだろう。このあたりが今ドキだと思う。

    ■「自転車は歩道も可」としたのは警察

    ところが次からがダメ。「ああ、やっぱり」というべきか、ここにこんなのが混じってくる。

    ◎歩道での通行方法違反
    〔歩道を通行すること・例外的に歩道を通行できる場合(=自歩道)でも徐行などをしないこと〕
    ◎ブレーキが利かない自転車に乗ること
    ◎傘を差したりイヤホンを付けたりしながら運転するなど

    いや、悪いは悪いのだ。私なども1970年(昭和45年)からずーっと自転車の歩道通行はダメだと言い続けてきた。ま、1970年時点で私は4歳だったんだが、「自転車は歩道も可」と、道交法が改正されたのがこの年だということで。

    具体策と理念がゴッチャになったというのがまさにここだ。

    前出の1970年道交法改正からずっと、日本では「なんとなく自転車は歩道通行も可」とされてきた。その結果、ほぼすべてのママチャリが歩道を走っているのは日本人誰もが知っての通りだ。

    また、歩道の徐行というのは、警察庁の解釈でいうと7.5km/h程度のスピードを指す。

    一方、ママチャリの一般的な速度は10~15km/h。ロードバイクやクロスバイクはもっと速い。要するに、現在、歩道走行している自転車は全員違反だ。

    これを全員取り締まるのか、と。

    ■「なんでも検挙」ではなくメリハリをつけるべき

    たとえば歩道の子乗せママチャリを検挙して、反則金とって、「今後は車道を走りなさい」と言って、現在の日本のインフラのままで、そのママが次から車道を走るのか、と。

    こういうことをやると、捕まった人は「単に運が悪かっただけ」になってしまい、せっかくの青切符に意味がなくなってしまう。

    同様のことは、ブレーキ不良にも、傘にも、イヤホンにも言える。限られた「取り締まりのリソース」をそんなものに振り向けてどうする。それよりも今の喫緊の問題、すなわち「電ジャラス自転車」「逆走」「信号無視」「ケータイながら運転」のような明らかな「未来の事故のもと」を片付けるべきだろう。

    要するに「検挙にメリハリをつける」べきなのだ。

    切符を切るのは、事故に直接結びつく悪質な違反に限定し、それを確実になくす。

    で、それ以外はまた後ほど(日本の自転車道・自転車レーンが十全に整備された後)というような姿勢をとるべきではないか。

    でないと、またきっと元の木阿弥になる。私はそこを危惧する。

    「青切符導入したけどダメでしたー」という未来が見える。

    青切符がダメなんじゃない、優先順位をつけない、取り締まりの思考停止と稚拙がダメなのだ。

    ----------

    疋田 智(ひきた・さとし)
    自転車評論家
    1966年生まれ。東京大学工学系大学院(都市工学)修了、博士(Ph.D.環境情報学)。学習院大学、東京都市大学、東京サイクルデザイン専門学校等非常勤講師。毎日12kmの通勤に自転車を使う「自転車ツーキニスト」として、環境、健康に良く、経済的な自転車を社会に真に活かす施策を論じる。NPO法人自転車活用推進研究会理事。著書に『ものぐさ自転車の悦楽』(マガジンハウス)、『自転車の安全鉄則』(朝日新聞出版)など多数。

    ----------

    車道を逆走するママチャリ - 筆者撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【青キップ導入で「悠然と逆走するママチャリ」をなくす!危険自転車撲滅の取り組み】の続きを読む


    自転車で携帯を使用すると1万2千円の罰金!?新たな規則が閣議決定


    青切符(あおきっぷ) かつて日本の日本国有鉄道(国鉄)が用いていた二等車の乗車券のこと。詳細は等級 (鉄道車両)#等級制時代の運賃・料金を参照。 日本において軽微な交通違反であり交通反則通告制度の適用対象となる反則行為に使用される交通違反切符のこと。詳細は交通反則通告制度を参照。…
    490バイト (146 語) - 2022年10月29日 (土) 09:15


    道路交通法違反を徹底するための措置なのかもしれませんが、自転車にも厳格な罰則があるとは驚きですね。携帯電話の使用は事故の原因となる場合もあるので、安全のためにはやむを得ないのかもしれません。


    【写真・画像】 1枚目

     悪質な自転車の運転に対して反則金の支払いを求めるいわゆる「青切符」の導入などに向けた道路交通法の改正案が閣議決定されました。

    【映像】自転車で “携帯使用”は1万2千円罰金

     閣議決定された道交法の改正案は、反則金の支払いを求める「交通反則通告制度」いわゆる「青切符」について、対象年齢を16歳以上とし「信号無視」、「一時不停止」、「通行区分違反」など約115種類の違反を対象としました。

     改正に伴って、「運転中の携帯電話の使用」も新たに違反に加わります。

     反則金の額は原付バイクの違反と同程度で、信号無視は6000円、一時不停止は5000円、携帯電話の使用は1万2000円などとしました。

     また、事故につながる「酒気帯び運転」や「他の自転車や自動車などへのあおり運転」は刑事処分の対象となる「赤切符」としました。

     政府は、今の通常国会にこれらの改正案を提出して、成立を目指します。(ANNニュース)

    自転車に「青切符」 “携帯使用”は1万2千円 閣議決定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【自転車で携帯を使用すると1万2千円の罰金!?新たな規則が閣議決定】の続きを読む

    このページのトップヘ